もぐ すたいる

成果のでる英語勉強法+健康に関するいろいろなコト

3か月で英語の発音が上達する方法

 

こんにちは、もぐです!!

英語を話せるようになりたいけど、何から手を付ければいいの?
いろいろあってどうしていいか分からない、
私はとにかく喋れるようになりたい!!

誰か教えてぇーと悩んだコトはありませんか?

私はずっとそんな状態でした。

そんな人にまずおススメなのが、「発音を攻略すること」です。

なぜ発音からなの?

それはかっこよく発音できるとやる気が出るからです!!
簡単な英語でも発音が良いと、かなり英語ができる気分になれます。
人間得意なことは楽しくなります。
3か月必死でがんばっていい発音ができるようになった自分を想像してください。

そこから英語の世界がぐんぐん広がります。

発音を学ぶべき理由

さらに、発音を学ぶことにはもっときちんとした理由があります。
え~、発音なんでどうでもいいでしょ!世界には色んな英語を話している人がいて
それぞれみんな訛りのある英語を堂々と話しているじゃないか!!
と思った方、そのとおりです。

ただそこには日本人特有の落とし穴があります。
日本語の発音は英語の発音とかけ離れ過ぎているのです。

具体的には…
英語を数年勉強したフランス人アメリカ映画を見て、
「知らない単語はあるけど、音自体は100%聞き取れる」と言うそうです。

しかし、日本人はどうでしょう。
「え、何言ってるの??(分からなすぎてワロタwww)」というレベルの方も多いと思います。日本人は高校までで6年(今は小学生から英語があるのでもっとですね)、大学まで入れたら8年以上は勉強しているはずです(悲しい現実・・・)

我々の脳は、知らない音を聞いたとき、知っている音に置き換えてしまう性質があります。日本人がよく知っている音は「カタカナ」です。つまり多くの日本人は英語を聞いたときにカタカナに置き換えて聞いています。知っている単語ばかりの英語でさえ聞き取れないのはこのためです。(なるほど!!)

 

それなら、発音を攻略する1択ですね。

発音を攻略すれは、「発音ができてかつリスニングもできるようになる」ということです。

発音できる音は聞ける→聞ける音は覚えられる→英語がどんどん向上する!!

 

3か月で英語の発音が上達する方法

それは「英語耳」という書籍をみっちりこなすことです!
この本の言う通りにすれば、必ず発音が上達します。
もう一度いいます。必ず上達します!!
その代わり、毎日トレーニングをするので少しハードです。
でも考えてみてください。
何をするかは本がちゃんと教えてくれるのです。
これに沿って日々繰り返し練習をするだけで、3か月後には見違えるような英語の発音が手に入るのです。

英語耳の内容(ダイジェスト)

・短音の発音を「素振り」のように反復練習をして身につける

・音の変化を学ぶ

・英語特有のアクセントやイントネーションを歌で学ぶ

 

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

  • 作者:松澤喜好
  • 発売日: 2010/08/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 高校生のときに出逢っていたら、もっと人生変わっていただろうなと思う本です。

ただ遅すぎることはありません。人生一度きり、思い立ったが吉日!!

3か月後ネイティブのような発音でworld(うぉ~ゥド)と言って周りを驚かせてみませんか??