もぐ すたいる

成果のでる英語勉強法+健康に関するいろいろなコト

肋間神経痛(心臓が痛い!?)

こんにちは、もぐです!

今日は「肋間神経痛」についてです。

 

「肋間神経痛」とは肋間神経に沿って痛みが生じる状態です。
私は医者ではないので、自分の経験についてしかご紹介できませんが、22歳で初めて発症してから今(36歳)まで繰り返し発症している経験をご紹介します!

 

「この痛みは何??」と不安に思っている方へ、何か少しでもヒントになればうれしいです。また少しでも気が楽になればと思います。

 では行きましょう!!

 肋間神経痛の症状パターンと発症時の生活 

 ~今までわたしが経験した4つの症状~

 

パターン①「とにかく激痛」

【詳しい症状】(←この時が一番ひどかった。)

息を吸う、息を吐く、くしゃみをする、咳をする、腕を挙げる、などで胸全体に物凄い激痛(寝ていても同じ)

【発症時の生活】

・大学3年冬頃
・とにかく忙し過ぎて明らかにキャパオーバー
・就活真っ只中(そんな中不意に家族の事情で、電力会社で派遣で働くことになる笑)
毎日ギリギリの生活を送っていたある朝、激痛に襲われる

【回復するまで】

・治療はせず
・2週間くらいかけて徐々に痛みがなくなっていった
筋肉痛が治っていく感じに少し似ている。少しずつ痛みが消える。

 

 パターン②「肋骨の中が痛い感覚」

【詳しい症状】

・肋骨の中の臓器が痛い感じ(あくまで感覚)
・ここは何?まさか肝臓?え、それともなになに!?みたいな感じ・・・
・正直どこが痛いか分からないが胸が痛いのでとても不安
息を吸ったり、動いたりすると痛みが顕著

【発症時の生活】

・社会人5年目くらい
・16人くらいの部署で女子一人、男になりきって働いていた
ストレスは少なめだったはず、でも若干疲れていた

【回復するまで】

・内科を受診
レントゲンを撮られるも異常はなく先生も首をかしげる
・様子を見るように言われ、しばらく経って気づいたら痛みがなくなっていた
(このときはこれが肋間神経痛とは分からなかった。のちに発症したキッカケで気づく)

【ビックリエピソード】
・ちなみにこの時の医者が診断名を「肋骨骨折の疑い」と書いたため、労災の調査票が届いてかなりビックリしました!!ウソでしょ(笑)

・内科に行くときは気を付けましょう。骨折などと書かれると、労災の調査票のようなものを書かされるはめになり、ちょっと面倒です。

 パターン③「息を吸うと左の背中が痛い」

【詳しい症状】

息を吸うと左の背中が痛い
・また臓器が痛い感覚(肝臓?腎臓?)
・正直どこが痛いか分からないのでとても不安

【発症時の生活】

・前職退職直前から退職後約1年くらいずっと痛み
・ストレスで疲弊し退職した直後

【回復するまで】

・全然治らず本当に不安
・3か月経っても治らないので、内科を受診(前と違う病院)
・肋間神経痛の一種と思うとの事。
・様子を見てくださいと言われる(今まで3か月以上見てましたが笑)
・症状1年近く続く

【エピソード】

・この時「耳管開放症」も発症してステロイドを服用していました。当時頭痛もひどく
バファリンを常用しいたのですが、ステロイドバファリン飲み合わせが良くないという情報を得て、ステロイド治療の期間だけバファリンロキソニンに変更
・するとどうでしょう!背中の痛みも消えました!(薬の効いている間ですが)

パターン④「心臓痛い!?」

【詳しい症状】

・とにかく心臓が痛い気がする
・その後、左の背中が痛くなってきてこれは肋間神経痛ではと…
・心臓だけが痛いこともあったけど、今思えばそれも肋間神経痛の一種だったのかもしれない。

【発症時の生活】

・日々ストレス
・しばしば体調不良、疲れの状態

【回復するまで】

・ときどき出現しては、消える(期間は区々)
・友人に冷感湿布を貼ると少しは良くなると聞いて試す。たしかに少し痛みがとれた。

まとめ

よく言われている肋間神経痛の症状以外にも、背中や心臓が痛いと感じる場合もあるようです。心臓が痛い場合は疲れが原因かもしれません。

まずは病院で診てもらって、検査の結果他に異常がなければ「もしかしたら肋間神経痛?」と疑ってみるのもありかもしれません。

このブログを過去の自分に見せて「肋骨骨折の疑い」という診断書を書かれないよう注意喚起してきたい!

原因不明の痛みはとても不安です。こんな事例があるよ参考にしていただけばうれしいです。

もぐ